加齢臭基礎知識|加齢臭って何?

加齢臭とは

オヤジ臭いという言い方が、かつては中高年の男性の独特の体臭に対するイメージでした。加齢臭という言葉が使われるようになったのは案外歴史が浅く、実はそれまでは通常の体臭や汗のにおいの延長線上であって、中高年の人が不潔にしていることによって発生する臭いだと受け取られていた時代があったようです。かつては体臭と同じように扱われていたのはその原因がはっきりしていなかったためです。けれど研究により加齢臭は普通の体臭とは別のものであると判明し、その匂いの原因はノネナールという物質であることが究明されました。そのことによって加齢臭がノネナールという物質が原因で発生する中高年特有の体臭であって、決して不潔にしているために発生するものではないということが広く知られるようになりました。これで汚名が晴らされてすっきりしたのかと思いきや、今度は原因が判明したためにその対策を多くの人が求めるようになりました。基本的には日常生活の中で予防するのですが、合わせて各種の加齢臭対策グッズが発売されているので、多くの人々が専門的に対策を始めるようになったのです。今では百貨店やドラッグストアなどでは必ず気になる臭いコーナーといった場所が設けられており、加齢臭に効果のある石鹸やサプリメント、消臭スプレーなどが数多く陳列されています。基本的には他の臭いと分けて考えることが必要です。原因がはっきりした現在では、この独特の臭いは克服できないものではなくなっています。ただ、この中高年独特の臭いは、どこか懐かしいおじいちゃんの優しい臭いと感じる人がいるのもまた事実です。子供や孫から臭い!と嫌がられるのを恐れて、一生懸命に対策をしているお父さんたちの姿がなんだかちょっと気の毒でもあります。もちろん自分以外の人間に不快な思いをさせることにはエチケットとして対策は必要ですが、あまり神経質になりすぎず、むしろ楽しんでケアするくらいの気持ちで臨みたいものです。

 

柿渋石鹸の加齢臭への効果を検証